部屋とバンクーバーと私~*日本人の不動産やさんが書いてます*~

家を見るのが大好きでカナダ西海岸バンクーバーで不動産エージェントに。 インテリア・装飾品・雑貨にこだわる日常を綴ります。

カテゴリ:インテリア > アンティーク・ビンテージ

ビレロイ&ボッホ Villeroy & Boch私の食器の中で恐らく唯一(?)のドイツ食器です。かの有名なMEISSEN(マイセン)の創業から39年後に誕生したのが、このVilleroy & Boch。フランスで1748年に創業、その後ドイツに窯を構え、マイセン同様に、ドイツ王室御用達の陶器メーカ ...

私には、手にとってその美しさをじっくり眺める食器がいくつかあります。その中でもいつも見とれてしまうのは、ウエッジウッド。ウエッジウッドの歴史はとても古く、なんと今から250年前1759年にまで遡ります。この頃といったら、まだ男性も正装の際には長髪のかつらを付けて ...

今日書く内容は、恐らくそんなに共感して頂けないような気がしています、、、、、(と、前置きをしておきます。)雑貨に限らず、お洋服でも靴でも、何かを買う時って、すごく気に入った要素があるから、(よし、買っちゃおう☆)と思うわけですよね。先日、車のメンテナンス ...

私の食器は圧倒的に英国食器が多い中で、ほんの少しだけですが、フランス食器があります。その中のひとつがリモージュです。リモージュとは、製造会社の名前ではなくて、フランスのリモージュ地方にある窯で焼かれた磁器の事を全てリモージュと呼ぶのだそうです。その歴史は1 ...

私が20代後半から30代の頃、絶頂的に好きだったミルクガラス。半透明なミルク色に歓喜しては、買いあさっていました。この花瓶は、そんなミルクガラスで出来ているミルク花瓶(勝手に命名)キッチンカウンターに飾ってみました。ビンテージだけれど、時代を超越して、今でも ...

↑このページのトップヘ