部屋とバンクーバーと私

家を見るのが大好きでカナダ西海岸バンクーバーで不動産エージェントに。 インテリア・装飾品・雑貨にこだわる日常を綴ります。

カテゴリ:インテリア > アンティーク・ビンテージ

前回のユニコーンの記事でも書きましたけれど、私は陶磁器のインテリア雑貨が好きで中でも特にヨーロッパのものに、魅了されます。うっとりします。陶磁器で有名なのは、ドイツのマイセン、ドレスデンですよね。マイセンの創立は1708年、ドレスデンは1715年。当時、中国から ...

16世紀後半、ヘンリー7世の統治時代からエリザベス1世へと移り、あの有名なウィリアム シェイクスピアが活躍した時代に誕生したエリザベス様式(ELIZABETHAN)。この時代のエリザベス様式の建造物やインテリアを一言で言うと、ずばり、豪華絢爛。派手派手。凝りに凝った装飾。 ...

私のインテリアスタイルはモダンとビンテージを混ぜ合わせた折衷スタイルなので、部屋の中にはアンティークのものがいくつかあります。アンティークって、厳密には100年以上を超えたものを言うそうなのですが、もしかしたら、私、本物のアンティークを持っているかも知れない ...

チューダー様式の家具や家がお好きな方、けっこう多いと聞きます。私も好きです。16世紀後半の邸宅の内装です。(*家具は16世紀のものではありません)太く張り巡らされた梁が、まさにFocal Point。視線を集めますね。ただし、このような歴史建築物に住める確率は低いので、 ...

私がインテリアデザインの授業を受けていた中で、一番楽しかったのは、家具の歴史でした。いつも一番前の席で、目を輝かせて、スライド写真に見入ったものでした。インテリアの起源は古代エジプトまで遡ることになるのですが、今日は、16世紀のイギリス、チューダー様式の家 ...

↑このページのトップヘ