チューダー様式の家具や家がお好きな方、
けっこう多いと聞きます。

私も好きです。

16世紀後半の邸宅の内装です。
(*家具は16世紀のものではありません)

photo-1523219316793-bd728181a8cd (1)

太く張り巡らされた梁が、まさにFocal Point。
視線を集めますね。

ただし、このような歴史建築物に住める確率は低いので、
このデザインを現在に持ってくると、
どうなるか。。。

photo-1490385131283-fbd735296f54

かなり、変形し、近代化されたデザインになってしまいますが、
これだけの太いラインがあれば、重厚感のあるデザインが楽しめます。
この写真にある造りは、私の大好きなEclecticスタイル。
古い要素と今の要素を混ぜ合わせた折衷スタイルです。

重厚感のある格式高い伝統的な家具の中に、モダンな味わいを加えて
ひとつの折衷スタイルを完成させるのも、良いですよね。
高い天井は、斬新なデザインも織り込めて、ダイナミックな空間を創れます。



mail
依田敦子へのご連絡はこちらからどうぞ
バナーをクリック! 応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村 


カナダランキング