英会話フレーズ、いきます。
(何回めだろう、結構続いている。。)

今日のフレーズは、

PULL ONE'S WEIGHT

ーto do one's fair share of work that a group of people is doing together,
ーto contribute to group activity in proportion to one's role
(*free dictionary 参照)

意味は、上の英文説明と重複しますが、
ー自分の役割分担をきちんとこなす
ー自分の責任の範囲の仕事をきちんと果たす
ーグループの一員として平等に貢献する
(共通の仕事の自分の持ち分をしっかりやらないと、その結果は、他のメンバーに影響してくる)というニュアンスが含まれる事を頭に入れておくと、このフレーズを使う機会が明確になりますね。

今日のこのフレーズの起源、なんと、
1800年代後半にまで遡るらしく、(!)

語源は、ボートを大勢で漕ぐ時に、水中のオールに全体重をかけてしっかりと漕ぐ、というところから来ているんだとか。。。
boat-teamwork-training-exercise-39621
なるほど。一人でも働きが悪いと、ボートを漕ぐ速さに影響が出る。
一人一人が揃ってボートを漕ぐ事に貢献しよう、というわけですね。

それでは最後にいつものように例文にまいります☆(^ε^)-☆

*例文*
He never changes our baby's diaper. He is just not pulling his weight!
”うちの旦那、子供のおむつ替えたことないし、父親としてやる事やってないの。”

(なんだか男性の悪口みたいな例文になってしまいました。。www
どうしましょう。。)

否定形で使うと、共同作業の足を引っ張る、とか、
貢献度ゼロ、とか、そんな感じで会話の中に織り込めますね。

今日も読んで下さった方、本当にありがとうございます。
(英会話の語彙力、上がれぇ~。。。)




 バンクーバーの不動産に関するご相談は依田敦子までご連絡ください。
mail





バナーをクリックして頂けたら励みになります!応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村 


カナダランキング