あららら、あと2時間で火曜日が終わってしまう💦!
((隔週火曜日の英会話なのに。。💦!))

今日のフレーズはUNDER THE GUN
仕事の場面でも(メールのやりとり等で)使われますよね。

意味は、”こなさなくてはならない事が多くて切羽詰まっている”
”プレッシャー(期限)を感じて追い込まれている” 
  ↑ ↑
この場合のプレッシャーは期限に迫られている、という状況を表します。
日本語だと”焦る思いでいっぱいいっぱいになる” というニュアンスもありますね。

英語では in a stressful situation that requires quick action to meet a deadline. ですとか、
describing someone who is under intense pressure. と書かれています。

語源はまさに言葉の通り、銃を突きつけられて決断に迫られる、という意味から来ているそうです。

<<例文>>

I am a bit under the gun today. Can I respond to you tomorrow?
(今日はちょっと仕事が詰まりに詰まっているので、明日お返事させてもらいますね。)

She has got two job offers and she is under the gun to decide by the end of this week. 
(2つの会社から内定をもらって、今週末までに返事しなくちゃいけないから、、
死ぬほど悩んでいるみたい。)


最後に、死語かどうかのチェック(☆3つで完全死語)

古臭い度  ☆☆

アメリカに住む姪っ子のような若者に聞いております。ネイティブに聞かないとわからないものですから。
彼ら若者は、もはや左手が携帯電話みたいになっておりますので、返事は5分以内に届きます。(笑)
(助かる。助かる。)

今日も読んで下さり、ありがとうございました。
お役立て頂けたら、幸せです。




 バンクーバーの不動産に関するご相談は依田敦子までご連絡ください。
mail





バナーをクリックして頂けたら励みになります!応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村 


カナダランキング