*隔週火曜日の英会話*


今日のフレーズは、

Knock on wood です。
fern-1250903__480


直訳は木を叩く、ですけど、、

これ、実は日本語でいうところのおまじないの言葉なんです。

『良い事が続きますように、、、、、』

あるいは、

『悪い事が起こりませんように、、、、』

という意味で使われます。

英語では
It is a superstition that is used in the hope that a good thing will continue to occur.
Or it is used to stave off bad luck by knocking on wood. 



この語源は、ドイツの民話に遡ると書かれているんですよね。
精霊や妖精が木に宿ると信じられていて、縁起をかついだり、不幸から身を守って欲しい時など
実際に木を叩いてお願いをした、という古くからの伝承が元になっているんだそうです。

日本だと、霊柩車を見たら、親指隠す、、、という迷信もありますよね。
今回のフレーズは、まさにそれに似ていませんか?
科学的根拠は無いけれど、昔から言い伝えられていること。
(面白いですね☆(ゝω・)v)

<<例文1>>

お店でお支払いをしようとしたら、店員さんが
「Price includes all taxes.(カウンターをトントンと叩いて) Knock on wood.」

訳=「税込み価格になっています。(この幸運が続きますように。。。)」

と、店員の人が良いジンクスにしてくれようとしたわけです。(縁起よくして下さった)

***このフレーズを使う時は、実際に木や、無ければ、どこかテーブルなど固いところをコンコンと叩くのをお忘れなく***


<<例文2>>

「I haven't had a cold this winter. (コンコンと叩いて)Knock on wood.」

訳=「今年まだ風邪ひいてないんだ。この調子で風邪ひきませんように。。。」

”悪い事が起きないように”、の迷信的表現になっています。


対象が自分で無くても、人に幸運が訪れた時、すかさず、このフレーズを使ってあげたいな。

(それまでこのフレーズを忘れずに覚えておかなくては、、、)(;^ω^)


読んで下さり、ありがとうございました。
素敵な秋をお過ごし下さいますよう。。。




 バンクーバーの不動産に関するご相談は依田敦子までご連絡ください。
mail





バナーをクリックして頂けたら励みになります!応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村 


カナダランキング