今日の英会話フレーズは、

Don't shoot the messenger.

これも耳にしますよねぇ。

意味は「怒らないで。」

語源は、このフレーズの直訳の通りで、
昔の伝達方法は、人が歩いて移動して、その知らせを相手に伝えていたのですが、
例えば、領土の統治をめぐって、好ましくない、どちらかと言えば腹立たしい知らせを
その伝達人が運んだとして、それを聞いた相手が、激高して(八つ当たり的に)
ただ知らせを運んだだけの人を撃ってしまう、、、

というところから誕生した比喩的なフレーズです。

という事で、意味は、

「怒らないで(私のせいじゃないから!)」 
 
という事になります。


Don't shoot the messenger とは、英語でその意味・内容を訳すと、こうなります。
   ↓

Don't get angry at or punish someone who is simply delivering bad or 
undesirable news as they are not responsible for 
it. 


*<例文>*
(楽しい車での旅行中に)
I have a bad news...I think our car got a flat tire. 「なんかパンクしたみたいだよ。」

What?! No way! I can't believe this!! 「えーっ!わけわかんない!無理!」

Hey, don't shoot the messenger.  「俺にあたるなよぉ。(俺のせいじゃないし!)」

というような、感じになりますかね。

例文からもおわかりのように、Don't be angry とは意味が少し違う事がわかりますよね。
怒らないで、の中に、私のせいじゃない、というニュアンスが大きく加わっていますから。(*'▽')

アンフェアに責められた時こそ、このフレーズを使うチャンスです。

今日も読んで下さり、どうもありがとうございました。



バンクーバーの不動産に関するご相談は依田敦子までご連絡ください。
mail





バナーをクリックして頂けたら励みになります!応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村 


カナダランキング