日本で生まれて育った私達にはベッドを作る文化が無く、単純に”寝床”という概念が強いですよね。枕ひとつに掛布団。
日本人は毎日布団を押し入れに上げ下げしていた歴史がありますから、尚更の事、ベッドを飾るという発想など無くて当然ですよね。

でも、ここは北米。
特に家を売る時など、枕をひとつだけというのは、ちょっと寂しいかも知れません。。。

そこで今日は西洋式なベッドメイクの方法を僭越ながらもご紹介したいと思います。
(*これが正解というデザインはありません。あくまでもアイディアとして参考にして頂ければ嬉しいです。)

IMG_2631
こんな感じにメイクします。
いくつかポイントがあります。
1枕はぜひ大きいサイズをあえて選んで下さい。かっこよくキマります。
 Standard, Queen, King とありますが、真ん中のQueen Sizeがお薦めです。
2ユーロサイズの枕を使う。*Euro Pillow・・・大きい正方形の枕の事をいいます。
3Toss Pillow/Throw Pillow(飾り枕)を使う。

そして、これは好みですが、私はあえてフラットシーツを折り返しています。
折り返すという事はシーツが見えてしまうという事なので、Wrinkle Free(しわのよらないタイプ)を買っています。本当に便利です!!

IMG_2640
私はとにかくウェッジウッドブルーのような水色が好きなので、 
IMG_2633
こんな掛布団カバーを使っています。裏はツルツルのサテン地になっています。

ここからは、無料画像を使って、色々なパターンを紹介します。
bed-890567__480
これは、掛布団を折り返さないパターン。
hotel-room-1447201__480
ユーロ枕を使わなくても、飾り枕(Toss Cushion)だけでシンプルにキマっています。
壁にかけられた絵と色を合わせているみたいですね。すごく良いアクセント♫
photo-1542474917-0d6c8c8446d0
こちらは、枕を4つ重ねています。
bedroom-1078890__480
こんな風な感じで、ベッドもインテリアの一部として飾る事で寝室のデザインが完成します。
こちらのベッドもかけ布団を折り返さないパターンになってます。
bed-1078919__480
たとえ、シングルサイズのベッドであったとしても、こんな風に枕を色違いで重ねて立てるだけでインテリアがランクアップします。

私はベッドメイキングがキマると、(ああ、自分にゆとりがあるな。)と思えるんです。



読んで下さり、ありがとうございました。
皆さんにたくさんの良い事がありますように。。。





バンクーバーの不動産に関するご相談は依田敦子までご連絡ください。
mail





バナーをクリックして頂けたら励みになります!応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村 


カナダランキング