今日のフレーズは私は今まで知らなくて、最近初めて意味を知りました。
映画のタイトルに「Hell or high water」とあったので意味を調べてみました。
**(注)**Informal です。口語体ですので、かしこまった社交場では避けた方が良いかも知れません。

意味は
「(どんなに大変でも)なにがなんでも」「絶対にやる!(失敗は許されない)」

といった意味です。

英語辞書には

「To get something done no matter how hard the circumstances are」とあります。


Hell →過酷な環境を強調して、この単語なのでしょうね。
High water → こちらも洪水のような、非常に厳しい状況を指しています。

・・Come hell or high water を使った例文・・

『I need to pass the exam come hell or high water. I wouldn't have another chance.』
『試験になにがなんでも合格しないと!合格以外に選択肢ない。』

私はこのフレーズ使った事もなかったし、耳にする事もなかったので、、
(聞いていたかも知れないけど、意味を知らなくてスルーだった可能性大。。)

若いネイティブの子にちょっとこの英語について聞いてみました。。

「この言い方、よく使う?」

すると返事が来て。。。

「Not Really.... Old people say it a lot.」「使わない。年配の人がよく使う。」

・・・オールドピープルがよく使う、、、?
そんな事言われたら、私Old Peopleという言葉に敏感に反応して、
このフレーズ、なんか使いにくい、、、、
と思ってしまいました。(愚かな発想です)


ちなみにこのフレーズを知るきっかけになった映画はこちらです。→映画





バンクーバーの不動産に関するご相談は依田敦子までご連絡ください。
mail





バナーをクリックして頂けたら励みになります!応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村 


カナダランキング