去年のクリスマスの時期に、乙女インテリアのLADUREEに行った事を書かせて頂きました。
その記事はこちらから

その時、実は私、一人で驚いていた事があったんです。

それは、LADUREEのインテリアで、我が家と、とても似ていたところがあったので!

まずは、LADUREEの店内の写真から。
IMG_2004
壁にこんなものが飾られていたんです。
そして、我が家。
IMG_2153
そう、我が家にも、こんな感じで似たものが壁にあるんです!
偶然ですが、とても似てましたね。(;^_^)

壁を飾るものといえば、昔から「絵」でした、圧倒的に。
photo-1537141090243-8b46e3dda5e3
こんな風に。。。
photo-1537141505442-98a037f1d94c
でも私はこんな壁が面白いと思ったんです。
photo-1537141505442-98a037f1d94c
    ↑
このイメージをアイデアとして頂戴して
この100万分の1のスケールで、
IMG_2153
こんなものを飾っていました。

また、我が家には額に入った絵もありますが、絵ではないものも、壁に飾っています。
IMG_2154
廊下にリース
(*厳密にはクリスマスデコレーションでしたけど、好き過ぎて、しまえなかったのです。)
IMG_2155
寝室の壁です。

自分がそれを飾って心地良いと思えるものを飾っているので、
部屋の居心地は、私には、とてもとても良いです。

photo-1520605728164-b6a5c6814203
この大きな時計も、、、
時間を計るもの、という意味合いより、壁を飾るデコレーションの意味合いの方が大きいですよね。
(*全然関係ないですけど、奥のスライディングドア、最高に素敵。。。♡)

living-room-3498914_1280
メタルのアートピースを壁にかけると、こんな感じ。
ちょっと壁の中心から外してアシンメトリーになってます。
部屋の左側にソファがあって、ウエイトが左に寄っていますから、
そのバランスを取る為に、壁の装飾は右に寄せてあるんだと思います。
house-753270_1280
こちらは世界地図をベッドの背景に、、インテリアの一部として。
レトロとモダンの折衷スタイルになってます。


つい先日も友人と、「インテリアは自己表現に近いものがあるよね」などと話したばかり。
自己表現とまで大げさな言い方ではないにしても、自分の感性・感受性を知ってか知らずか表現しているんだなあと思います。

特に壁を飾る、というのは、そこに住む人のまさにパーソナルタッチ・・・一味加える、、という行為になると思うんです。家があなたらしい家になる、そんなインテリアを愉しんで下さいね。



読んで下さり、ありがとうございました。
みなさんにたくさんの良い事がありますように。。。。





バンクーバーの不動産に関するご相談は依田敦子までご連絡ください。
mail





バナーをクリックして頂けたら励みになります!応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村 


カナダランキング