誰でも簡単にお部屋をお洒落に出来る方法です。本当に簡単なので、ぜひやってみて下さい。

お部屋を飾る時、何を飾ろうかと悩みます。サイズの小さなものを飾ると、散らかったイメージになりやすく、ある程度サイズのあるものを飾る必要があるのですが、、、

私のおすすめアイテムは、ハードカバーの洋書です。

IMG_1927
本棚に、他にもインテリア関係の本がたくさんあるのですが、今回は色合いを合わせてこの3冊をチョイスしました。ポイントは、しっかりと存在感があって欲しいので、ハードカバーであるという事。
ここが大事なポイントです。野暮ったくなるので、雑誌や、柔らかい表紙カバーのものはNGです。
IMG_1928
そしてこんな風に本を重ねて、インテリアとして使います。
カバーの色合いによっては、ちょっとした差し色になります。
photo-1517613367530-b0982b0d47e0
ガラスの置物と本と、(見切れていますが)チェアの色が全てブルーで統一されています。
photo-1514809696236-086209234d2c
お酒の横に?と思うかも知れませんが、これはあくまでもインテリアデザイン。
実用性とか、本は本棚に、という固定概念は、忘れて下さい。
やはり、色合いがなんとなく統一されていますよね。
photo-1528200417657-b320e8f491c4
これは、本を積み上げた上に花器を置くことによって、デザインに高低差が生まれています。
ターコイズのグリーンも、パステルのピンクと相性がとても良いです。
photo-1528200417657-b320e8f491c4
!!!余談ですけど、このランプのベースがレトロなカメラ。ここにこういうレトロなアイテムを投入するなんて、粋ですね。(デザインって楽しい。)

photo-1527545080411-80f67876adca
(*これはハードカバーは一番下の1冊だけのようです。)
散らかっているわけでは決してなく、可愛くなり過ぎないように、黒やピースサインのオーナメントでエッジをきかせているところ、素敵です。
色合いとサイズ感がまとまっていて、置いてあるもの全ての調和度満点。
photo-1501789055141-e427f92fb1c2
こうして置いておくだけで、インテリアに早変わり。飽きたらしまえば良いんですもの。
色々と、おうちにある洋書の中から色合いを合わせて、楽しんでみて下さい。
3~5冊ぐらいで、バランス取れるかと思います。

photo-1510231583251-74be0f578e59
ちなみにこういう本は、隠す本です。(注)(;^_^)

なーんにも、飾るものが無い、という方、洋書を無造作に置いてみてはいかがでしょう。
優秀にお部屋をキメてくれると思います。

IMG_1930
今日も読んで下さり、ありがとうございました。




バンクーバーの不動産に関するご相談は依田敦子までご連絡ください。

バナーをクリック! 応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村 


カナダランキング