バンクーバーは、カナダ東海岸に比べて歴史が浅く、古い建物はさほど多くありません。
世界遺産にもなっているオールドケベックは17世紀、今から400年前までさかのぼり、
その景観といったら、圧巻でした。古い建築物の大好きな私にとって、ケベックの町は
まるでディズニーランドのようでした。
バンクーバーにはそこまで古い建造物はありませんが、
1900年初頭に建てられた歴史建造物でしたらバンクーバーの町の中にでも見る事が出来ます。

実は私の大好きなエドワード王朝時代の建物がなんとバンクーバーにあるのです。
エドワード様式は、1900年~1915年、エドワード7世の時代でした。
時は大英帝国時代、権力と富に満ち溢れていた頃です。みなさんもご存じのあのタイタニック号も、この時代でした。階級意識が強く反映されていたこの時代、イギリスでは当時の公衆トイレの入り口も階級ごとに分かれていたのだそうです。タイタニック号の1級クラスの豪華さは、全てのディテールにおいて、破格のスケールだったと言われています。

さてさて、そんなタイタニック号の1級クラスの客室を思わせるような建物が、
バンクーバーにあるんです。それを今日はみなさんにぜひお伝えしたいんです。

(ご存知の方もいらっしゃるかと思います。)
Granville St とW. Georgiaの交差するところに建つ、白い時計台のある建物をご存知ですか?
Vancouver Block と呼ばれるオフィスビルです。(736 Granville St)
0dc96ab8-16c3-460a-bb60-443c254d7a3d-A18151_141

Cornice というギリシャ・ローマ建築からくる軒、あるいは壁の頭頂部を装飾する部分が
とても特徴的な建物です。ココです。↓
Inked0dc96ab8-16c3-460a-bb60-443c254d7a3d-A18151_141_LI
この建物、1912年にイギリス人のJohn Edmerston Parrとケベック出身のThomas Arthur Feeによって建てられたエドワード様式の建築物なんです。(わああ、、書いていても、テンション上がる。。)
だって、今から106年も前ですもの!
IMG_0840

玄関ロビーです。イタリアンタイル(大理石)のゴージャス感も美しさ満点なのですが、
私が脱帽するのは、壁一面大理石が使われているところです。
壁を縁取るモールディングまでもが、大理石って、、、
惜しみなくお金をかけて、1ミリも妥協していない事が、ひしひしと伝わります。

IMG_0844
このディテールです。敬服します。。。

IMG_0841
そして、驚くなかれ、、大理石の階段です。
もう一度、言います。
大理石の階段と、大理石の手すりです。
っていうか、壁もそうだし、全部です。(笑)

IMG_0842
IMG_0845
玄関ロビーだけが、豪華なんじゃないか、と思う方もいらっしゃるかと思いますが、
建物全体が、どこも手を抜かれることなく、お金をかけまくって造られています。
IMG_0847
玄関ロビーではないところの天井です。
ペントハウスには当時の大富豪Dominic Burns(オーナー)が住んでいたのだそうです。
ドアノブなどの細部にわたり、Very best money can buy お金で買える最高額のものを
買いそろえたのだそうです。贅を尽くしたこの建物は、まさに時代の象徴、エドワード朝建築です。外観は白いテラコッタで装飾され、窓には鉛ガラスが使われています。
一流にこだわるこの建築物は、なにも美観だけに限った事ではなく、エレベーターや電気配線、暖房設備や、水道管設備などにおいては、北米で当時の最先端をいくものだったという記録があります。

106年前、この17階建てのビルは超高層ビルだったでしょうし、
桁外れのゴージャスさであった事は間違いないと思います。

この貴重な貴重な歴史建造物は、今も数多くのテナントが入るオフィスビルとして使用されています。私はラッキーなことに、このビルの中にあるヘアサロンに通う事がきっかけで、定期的に、この建物の中に入る事が出来るのです。タイムスリップしたつもりで、思いっきり当時を想像して、内装を楽しく見学しています。エレベーターがあるのに、階段を使ってみたり。
(大理石の階段を降りてみたくて、、、笑)

106年前に建てられたVancouver Block。
長い時間を経たものには、なんともいえない趣があります。
なぜか、深く心を揺さぶられます。
劣化を美しくとらえる美意識は、無いよりあった方が絶対いい、、
と思うのは、私だけでしょうか。。

この建物の前を通ると、その当時の残り香というか、そんなようなものを感じるのです。



今日も読んで下さり、ありがとうございました。





 依田敦子へのご連絡はこちらからどうぞ
バナーをクリック! 応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村 


カナダランキング