私の家には雑貨が一杯あります。とはいっても、誤解のないようにしておきたいのですが、
生活雑貨ではなく、インテリア雑貨です。インテリア雑貨のお店を覗いて、色々見て歩くことは
私にとってひとつの趣味です。

もちろん、全てのインテリア雑貨が自分の家に合うわけでもないのですが、、
でも、たいていどれを見ても(素敵~。。。)と思います。いつも。

私は、白い陶器の雑貨が大好きで、その中で愛して止まないのが
このユニコーン。これは1960年~1970年代に作られたビンテージものです。

IMG_0765
このユニコーンを部屋に飾っているだけで、一人の時間がとても甘~く優雅な時間になる。
、、、、錯覚でもいいんです。自己満足の世界ですもの。

北米でユニコーンというと、子供のぬり絵に出てきたりして、子供向け、という印象があるでしょうけれど、
いやいやいや。。。ユニコーンは子供向けではないです。

governors-palace-58549_1280
イギリスのCoat of Arms (紋章)になっているため、、英国のパーラメントでは
こんな光景が見られます。左にライオン、右にユニコーンです。
royal-1812773_1280
こちらもそうです。左にライオン、右にユニコーン。
紋章をかたどっています。
royal-417996_1280
こちらも、王冠をはさんで左にライオン、右にユニコーン。
素敵。。栄華、高貴、王様にふさわしい、といったことを連想させます。

何もユニコーンは紋章だけではないのです。
オーストリアのザルツブルクにある、ヘルブルン宮殿(1613年)には、

unicorn-1940321_1280
こんな風にユニコーンの彫刻が置かれているのです。(300年以上前です!)

unicorn-2655149_1280
宮殿の庭にも。ここにもユニコーン。

もちろん、神話上の動物ですし、実際には存在しないのですが、
歴史的にみても、王家を象徴したり、宮殿に品格や神聖を象徴するものとして飾られたりしています。
そんなところに、ロマンを感じて、ついその華やかな時代を夢みてしまうのです。

上にあげた写真のような世界観を、我が家にも、、、と、はかない望みを持って、、、


IMG_0769
我が家の廊下にユニコーンを飾っています。。。
ここは、My Castleよ、、と、、いう妄想にふけています、、、、、(笑)


この白い陶器のユニコーンは私の大事なインテリア雑貨のひとつで、
どこに引っ越してもずーっと一緒、と思っています。

インテリア雑貨で、毎日を楽しく。。


今日も読んで下さり、ありがとうございました。
※写真は全て、著作権フリーのものばかりを使用しています。




   依田敦子へのご連絡はこちらからどうぞ
バナーをクリック! 応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村 


カナダランキング