これはスラングなのか、よくわからないけど、
色々な場面で口語的に使われている。

辞書を調べると
To make something/someone more interesting or attractive
とか、
To make something/someone more exciting or sexy
などと書かれている

ジャズっていうその言葉からして、オシャレなvibes(感じ)が加わる、的なニュアンスを
覚えておくと良いかも知れない。
他にも、大げさに盛る、というようなニュアンスもあるみたい。

白人の友人とMACで口紅を選んでいた時、

1本の口紅を手にとって、こんな会話があった。

友人「It is safe color. Nothing really special.」
(まあ、無難な色よねえ。普通って感じ。。。)

店員「You can jazz it up with a lipgloss.」
(グロスをのせるとお洒落ですよ。)

もうひとつ、例文

She jazzed up the dining table with candles.
(彼女がテーブルにキャンドル置いて、いい感じにしてくれた)




だれか、私の事 Jazz me up! してくれないかな。
こんな使い方は無いのかな。。。? (笑)




 依田敦子へのご連絡はこちらからどうぞ
バナーをクリック! 応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村 


カナダランキング