レインスクリーンって何だろう? 

「この建物はレインスクリーンです。」などと、聞いた事はあっても、
それが具体的にどのような事を言うのか、一般の人はなかなか詳しくはわからないですよね。

レインスクリーンとは、
1999年以降、BC州建築法により新築に適用が義務付けられた、外壁工法です。
雨漏れの問題を解決する打開策として、この技術は注目を浴びました。

内側にあるドライウォール(石膏ボード)に、VAPOR BARRIER と呼ばれる防湿材のようなシートを覆います。そして躯体と外壁との間に10ミリ以上の隙間を作り、外壁断熱材との間に、排水層を確保するというものです。

外部からの雨水や透湿による湿気の侵入を効率よくこの10ミリの排水層から外部に排出します。

簡単に言えば、二重外壁構造です。

これにより、万が一雨水が外壁から侵入しても、躯体へのダメージは避けられるというのが、
このレインスクリーン工法の最大の利点です。




依田敦子へのご連絡はこちらからどうぞ
バナーをクリック! 応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村 


カナダランキング