リノベーションを考えている方、
一体、どう始めたらいいのか、戸惑う方がほとんどだと思います。
私もそうでした。

まずは、どこまでお金をかけるか、の決断ですよね。
思い切って、家全体をトータルでするか、部分的にするか。

今回は、トータルリノベ―ションの場合として、話を進めますね。(^▽^)/

室内において、空間面積を一番占めるのは、床と壁です。
ですから、決めていく順番としては、まず床と壁の色、素材です。
ここがスタート地点です。

まだ決定していない段階でも、工事をお願いする人に相談する事は、とても大事です。
工事を請け負う人から、「そのデザインが好きなら、こんなのもありますよ」、ですとか、
逆にオプションを提案してもらえたりします。

カーペットか、木か。タイルか。。。。

photo-1508253578933-20b529302151
薄いグレーのカーペット ↑
photo-1527515673510-8aa78ce21f9b
模様のあるカーペットの一例。↑
華やかさがあり、ダークカラーなので汚れも目立たなくて◎。

photo-1521483841949-c72c93958608
タイル。↑ モダンな印象です。汚れもゴシゴシ落とせそうです。
photo-1499916078039-922301b0eb9b
木のフローリング。↑ ナチュラルなインテリアにぴったり。
photo-1484154218962-a197022b5858
キッチンまでひと続きで貼るとこんな感じになります。↑
photo-1482867899247-e295efdd8c1a
この写真は恐らく、古い家で、床をそのままキープして、他をリノベーションしたようです。
どうして古いとわかるか、、?
それは、この床の板の幅です。昔の板は細かったので。

フローリングの場合、本物の木の素材でいくか、木目模様のラミネート素材のものにするか、
そして、艶ありか、艶なしか、どちらにするか、板の幅は太めでいくか、細めでいくか、、
が、決断ポイントです。

IMG_0608

私は、ラミネート素材のつや無し(マット)を選びました。↑
キッチンから玄関から、つなぎ目なく貼りました。
ヒッコリーという木で、くるみの木の種類に属するみたいです。
板の幅は4.5インチにしました。

私は、床材のお店に行って、サンプルを見ただけで「これ下さい」とは言えませんでした。
やっぱり大きなお買い物ですしね、床をはってみて、
ああ、イメージと違ったぁ( ノД`)、とショックを受けることのないようにしたいですしね。

私は、お店で厳選したサンプルの板を4枚、家に持ち帰りました。
重たいですし、面倒くさい作業ですけど、このひと手間が、必ず最後に報われますので、
ぜひぜひ、おススメします。

そして、自分のお部屋の日当たり具合と全体の雰囲気と、何より自分がビビビと来るのは
どれか、じっくり見て、決めました。

私はテーマがコテージ風だったので、あえて木の節目が見えるものを選び、
そしてカジュアルな空気感を作りたかったので、つや無しを選びました。

リノベーションで大事なこと。
流行りがなんであろうと、周りが何と言おうと、自分のこだわりを表現することを貫いて下さい。
家はそこに住む人の心を休ませてくれる場所です。
好きなものを選んで下さいね。それが正解です。

テーマとか、そういう部屋のイメージも特に湧かない、という方は、
雑誌などから、好きなデザインを拝借して、アイディアを固めるといいですね。



***無料の画像サイトの中から写真を使っているので、限定された中からの写真の抜粋になっています。どうかご容赦下さい。***


依田敦子へのご連絡はこちらからどうぞ
バナーをクリック! 応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村 


カナダランキング