部屋とバンクーバーと私~*日本人の不動産やさんが書いてます*~

家を見るのが大好きでカナダ西海岸バンクーバーで不動産エージェントに。 インテリア・装飾品・雑貨にこだわる日常を綴ります。

1994年日本を出て北米へ渡る。ロサンゼルス、シカゴを経由して現在のバンクーバーへ。カリフォルニア州 Chaffey Collegeで、インテリアデザインを学び、それからというもの、家具、建築、アンティーク、リノベーションと、家に関わる事に好奇心が尽きない。レストランでは食事よりお店の内装に目が取られ、テレビドラマを見ていても、部屋のインテリアに興味津々で一時停止してまでディテールをチェックしてしまう。モダンとアンティークを組み合わせる折衷的デザインが得意。『心は丸く軽やかに、思考は謙虚にシンプルに、仕事は感謝と情熱を持って』人生の豊かさの連鎖を心掛ける日々を送る。

リビングルームで一番面積を占める家具は、恐らくソファになりますね。ソファーって、意外と簡単にカスタマイズ出来るってご存知でした?欠点は、納期が通常より遅くなる、という事ぐらいで、コスト的には既存のものを購入するのと、そんなに変わりません。私は、自宅をリノ ...

私が大好きなデザインの手法にWAINSCOTING という装飾法があります。日本語では建築業界で腰板、羽目板、などと言われているそうですが、、、、日本では馴染みはなくもっぱら輸入住宅で見受けられるものらしいです。WAINSCOTING とは、木材を組み合わせて壁に打ち付け、模 ...

私のインテリアスタイルはモダンとビンテージを混ぜ合わせた折衷スタイルなので、部屋の中にはアンティークのものがいくつかあります。アンティークって、厳密には100年以上を超えたものを言うそうなのですが、もしかしたら、私、本物のアンティークを持っているかも知れない ...

私がアメリカでインテリアデザインを学んだ時、クライアントに最初に会った時を想定して、どのようにコンサルティングをするか、を実践的に教わりました。その当時のノートを見てみると、Ask Questions! Be a best interviewer! と書いてあります。要するに、クライアントの ...

ティッシュペーパー、って日常的に使いますよね。という事は、リビングルームのどこかに置かれていますよね。そのまま置く派か、隠す派か、私は断然後者です。なかなか自分の部屋に合うものが見つからず、見つけるまで、手こずりました。ティッシュペーパーを、なんとか裏方 ...

引き出しやキャビネットの引手(KNOB)は、家具のジュエリーと呼ばれ、インテリアデザインにおいては見落とせないディテールです。お部屋の雰囲気をちょっとだけ変えたい、、でも、家具の配置を変えるとなると大がかりで、面倒、、、そんな時、20ドルから出来るお部屋の模様 ...

世間の皆様にとっては、どうでも良いことなのは、重々承知しているのですが、私には、ささやかではございますが、インテリアにおいて美学があります。美学とは、『美的価値に関する独特の考え方や、趣味』。そんなわけで、全くこれはわたくし個人の嗜好スタイルなのですが、 ...

チューダー様式の家具や家がお好きな方、けっこう多いと聞きます。私も好きです。16世紀後半の邸宅の内装です。(*家具は16世紀のものではありません)太く張り巡らされた梁が、まさにFocal Point。視線を集めますね。ただし、このような歴史建築物に住める確率は低いので、 ...

↑このページのトップヘ