部屋とバンクーバーと私

家を見るのが大好きでカナダ西海岸バンクーバーで不動産エージェントに。 インテリア・装飾品・雑貨にこだわる日常を綴ります。

1994年日本を出て北米へ渡る。ロサンゼルス、シカゴを経由して現在のバンクーバーへ。カリフォルニア州 Chaffey Collegeで、インテリアデザインを学び、それからというもの、家具、建築、アンティーク、リノベーションと、家に関わる事に好奇心が尽きない。レストランでは食事よりお店の内装に目が取られ、テレビドラマを見ていても、部屋のインテリアに興味津々で一時停止してまでディテールをチェックしてしまう。モダンとアンティークを組み合わせる折衷的デザインが得意。英語力を磨き上げたい、という向上心も旺盛で生涯学習の心意気は持っていたいと思っている。

これは先週初めて知ったIdiom。(とにかく、忘れないうちに書き留めておかないと。)”Better Call Saul ”というドラマを見ていたら出てきた。目の前に溜まった法的書類を指して、年配の女性が、「I can't make heads or tails of it!!!!」と頭をふっている場面。このイディ ...

前回のユニコーンの記事でも書きましたけれど、私は陶磁器のインテリア雑貨が好きで中でも特にヨーロッパのものに、魅了されます。うっとりします。陶磁器で有名なのは、ドイツのマイセン、ドレスデンですよね。マイセンの創立は1708年、ドレスデンは1715年。当時、中国から ...

私の家には雑貨が一杯あります。とはいっても、誤解のないようにしておきたいのですが、生活雑貨ではなく、インテリア雑貨です。インテリア雑貨のお店を覗いて、色々見て歩くことは私にとってひとつの趣味です。もちろん、全てのインテリア雑貨が自分の家に合うわけでもない ...

16世紀後半、ヘンリー7世の統治時代からエリザベス1世へと移り、あの有名なウィリアム シェイクスピアが活躍した時代に誕生したエリザベス様式(ELIZABETHAN)。この時代のエリザベス様式の建造物やインテリアを一言で言うと、ずばり、豪華絢爛。派手派手。凝りに凝った装飾。 ...

これはスラングなのか、よくわからないけど、色々な場面で口語的に使われている。辞書を調べるとTo make something/someone more interesting or attractiveとか、To make something/someone more exciting or sexyなどと書かれているジャズっていうその言葉からして、オシャ ...

不動産とは、土地とその土地に付着するもの(主に建物)の事を言います。家を買う、家を売る、というような言い方を会話の中でするのが一般的ですが、実際は、その家と土地を売り買いしています。そこで、今日はその”土地”について解説したいと思います。家を売る、買うと ...

私はバンクーバーのMain Street が個人的に大好きで、2年間習っていた社交ダンスのスタジオがMain Streetにあったという事をきっかけに以来、好奇心の目を光らせているエリアなのです。まあお洋服にしても、カフェにしても、まあ玄人(くろうと)好みのモノが多いこと。目の ...

ウィキペディアによると、、、葉やその色合いを楽しみ、自然な雰囲気を醸し出すために育てる植物。葉の形状、色彩、斑などの模様・造形美を深く味わい観賞する。リラクゼーションの効用がある。私は個人的に、ここに「インテリアの装飾として広く使われている。」なーんて、 ...

↑このページのトップヘ