部屋とバンクーバーと私~*日本人の不動産やさんが書いてます*~

家を見るのが大好きでカナダ西海岸バンクーバーで不動産エージェントに。 インテリア・装飾品・雑貨にこだわる日常を綴ります。

1994年日本を出て北米へ渡る。ロサンゼルス、シカゴを経由して現在のバンクーバーへ。カリフォルニア州 Chaffey Collegeで、インテリアデザインを学び、それからというもの、家具、建築、アンティーク、リノベーションと、家に関わる事に好奇心が尽きない。レストランでは食事よりお店の内装に目が取られ、テレビドラマを見ていても、部屋のインテリアに興味津々で一時停止してまでディテールをチェックしてしまう。モダンとアンティークを組み合わせる折衷的デザインが得意。『心は丸く軽やかに、思考は謙虚にシンプルに、仕事は感謝と情熱を持って』人生の豊かさの連鎖を心掛ける日々を送る。

英会話フレーズ文字に起こして書き残す事で、なんとかネイティブ英語を馴染みの英語として使おうと、自らを鼓舞して続けています。それでは早速まいりましょう~。今日はput one's finger on (something)これも、なかなかのネイティブっぽい言い方ですよね。通常、否定形で使 ...

2021年6月1日より、モーゲージの審査法が厳しくなります。新しいストレステストが適用されます。Stress Test???と思った方は、良ければ過去の記事をご覧下さい。こちらからチェック出来ます <おさらい>実際に融資を受ける際の金利よりも、高い金利を審査法に用いて、返済 ...

こんにちわ、今日は私の大好きな雑貨編。”アールヌーヴォー” 英語表記だと、ART NOUVEAU、って聞いた事ありませんか?若干短い期間とも言えますが1890年から1910年にかけてヨーロッパで全盛期を迎えた建築やインテリアに反映されたデザイン様式の事を言います。とにかく曲 ...

ブログの執筆、だいぶご無沙汰してしまいました。大変有難い事に仕事で忙殺しており、洗濯物は溜まり、部屋はこまめにお掃除も出来ず、、そんな状態でした。今日は定期的に続けている英会話フレーズをしっかり書かせて頂きたいと思います!母の日がもうまもなくですね。そん ...

先日ブログで載せた朝のコーヒータイムの写真。そこに登場している私の愛すべきヴィンテージものの雑貨に今日はスポットライトをあてたいと思います。私の大好きなこちら銀製のコースター年代は不明なのですが、間違いなくヴィンテージ。古いです。でも、だからこそ、年月が ...

(あぁぁ、、またまたやってしまった、、一日遅れてしまいました・・本当は隔週火曜日って決めたのに。)(気持ちを切り替えて☆)今日の英会話フレーズは***wrap one's head around意味は、なんだかややこしい複雑な状態、状況、人、物,または自分の発想、推測の範囲内には ...

よくお料理をする時、冷蔵庫の中にあるもので何か一品作る事ってありますよね。私のインテリアデザインもそんな感覚デス。持っているものをあれこれ使いまわして、お部屋を飾ってしまいます。例えば、ランチョンマット。5年以上は使っていると思います。コルクで出来ている丸 ...

こんにちわ。春は芽吹きの季節。何かが新しくスタートするようでワクワクする季節。というわけで、【お部屋にも春を、、】と、気がつけば雑貨やさんに足が向いてしまいまして。。お値段もお手頃な、食卓を飾るペーパーナプキンを。 ↑ 今年はこの3種類。ついでにキャンドル ...

↑このページのトップヘ