部屋とバンクーバーと私~*日本人の不動産やさんが書いてます*~

家を見るのが大好きでカナダ西海岸バンクーバーで不動産エージェントに。 インテリア・装飾品・雑貨にこだわる日常を綴ります。

1994年日本を出て北米へ渡る。ロサンゼルス、シカゴを経由して現在のバンクーバーへ。カリフォルニア州 Chaffey Collegeで、インテリアデザインを学び、それからというもの、家具、建築、アンティーク、リノベーションと、家に関わる事に好奇心が尽きない。レストランでは食事よりお店の内装に目が取られ、テレビドラマを見ていても、部屋のインテリアに興味津々で一時停止してまでディテールをチェックしてしまう。モダンとアンティークを組み合わせる折衷的デザインが得意。

ビンテージの花瓶です。先日必死に磨いたのでお披露目です。シルバーは季節を問わず、いつでもお部屋を素敵にしてくれますが、重厚感のあるインテリアや、無骨で工業的要素を取り入れたスタイルなどには全くもって不向きです。たとえばこんな男前なインテリアにはシルバーの ...

今日は愛用の家具/雑貨のお店をランキング形式でご紹介します。昨日登場したパイナップルのキャニスターも、以下のお店で買いました。*第1位*ダウンタウンにある、クロスというお店です。  ↓https://thecrossdesign.com/とにかくオシャレ。テンションの上がるお店。珍 ...

私は、パイナップルが大好きです。美味しいから好き、というより、飾るのに可愛いから好きなんです。猫が好きな人は、きっと猫アイテムをつい買ってしまうように、私にとっては、それがパイナップルなのです。フォルムも好きですけど、でも最大の理由は夏をイメージさせてく ...

お部屋は私達を癒して、なごませてくれる空間です。どんなにインテリア雑誌の真似をしても、それが自分の好きなスタイルかどうか、お気に入りの色や柄であるか、なにはともあれ、とにかく自分が好きなものをお部屋に置いてそしてそれらの好きなものに囲まれて下さい。私事で ...

生活感を全て消す、などという事は不可能ですよね。逆に生活感が全くない家は居心地が良くないのでインテリアデザインの本来の目的を果たしません。それであれば、生活感もオシャレに見せて、デザインに織り込むのはいかがでしょう?マンゴーやアボカドなど、熟してから頂く ...

インテリアデザインとは、美観、合理性、機能性を全て備えて成立します。日本人は機能性、合理性を追求する姿勢に長けていると思います。ただ、美観となると後回しにされているような気がします。実は簡単な事でお部屋がセンス良くまとまる方法があるんです。生活感を抑える ...

私は部屋の雑貨をアクセサリーと思っています。ピアスやネックレスのようなお部屋の装飾品です。特に好きなのがシルバーで、お箸置き、植木鉢、え?そんなものまで?というぐらいシルバーが部屋中に溢れています。お花を飾りたいなあ、と思い花瓶を探していたら、もう2年ぐら ...

昨日、友人とランチに出かけました。最高のお天気で太陽に照らされた芝生の匂いがまさに夏でした。でも、気になってしまったんです、私ある箇所が。レストランの玄関を入ってすぐのラウンジのインテリアが。。。高い天井で、ドラマチックな空間を演出出来る絶好の場なのに、 ...

↑このページのトップヘ