部屋とバンクーバーと私~*日本人の不動産やさんが書いてます*~

家を見るのが大好きでカナダ西海岸バンクーバーで不動産エージェントに。 インテリア・装飾品・雑貨にこだわる日常を綴ります。

1994年日本を出て北米へ渡る。ロサンゼルス、シカゴを経由して現在のバンクーバーへ。カリフォルニア州 Chaffey Collegeで、インテリアデザインを学び、それからというもの、家具、建築、アンティーク、リノベーションと、家に関わる事に好奇心が尽きない。レストランでは食事よりお店の内装に目が取られ、テレビドラマを見ていても、部屋のインテリアに興味津々で一時停止してまでディテールをチェックしてしまう。モダンとアンティークを組み合わせる折衷的デザインが得意。『心は丸く軽やかに、思考は謙虚にシンプルに、仕事は感謝と情熱を持って』人生の豊かさの連鎖を心掛ける日々を送る。

おはようございますこんにちわこんばんわ仕事へ向かう前にちゃちゃっと書きます。ちょっとした嬉しい発見があったもので。夜中に何かにとり憑かれたように編んだ小袋。にんにくの保存用に、と思ったもの、にしては、サイズが大きすぎて結果、だぼだぼのてろてろ。。。。(悲 ...

先回、ギブソンズのビンテージ食器を紹介させて頂いて、そのセッティングの写真をアップするのをすっかり忘れていました。私はこんな風に合わせてます。カップ&ソーサ―は、どちらもウェッジウッドです。このシルバーのトレイと私は結婚しているようなもので、絶対に別れま ...

過去3年で一番の供給(売り物件)過少のトレンドが続いているバンクーバーの不動産市場。グレーターバンクーバーの先月10月の売り上げ件数は過去10年の平均を22.4%上回りました。需給バランスは、供給が停滞しどうやら需要過多になるような傾向が見られ、それが現実となれば ...

更年期なのか、午後に飲んだ紅茶やコーヒーのカフェインのせいなのか、、ちょっとここ数日(寝たいのに)寝れない日がありました。(仕事で忙しい時ほど、たまにそんな時があります。)そこで、なぜだか、頭に浮かんだのが、「久しぶりに編み物してみるか。」でした。何を編 ...

今日の英会話フレーズ今日はゴリゴリのスラングです。死語ではないですし、若い年代の間でも使われるみたいです。clown on (someone) 全く同じ意味で Rip on (someone) もあります。私はこちらを最初にテレビドラマの会話の中で知りました。ところが、アメリカの姪っ子に ...

久しぶりに英国ビンテージ食器を紹介させて頂きます。正式には、Gibsons&Sons Ltd. というのですが、一般的にはギブソンズの略称で知られています。1875年に設立され、1906年には従業員は500人を超え、工場も数か所に規模を拡張するまでになったと言われています。陶器メー ...

私はお料理ににんにくをよく使うのですが、みなさんはにんにくをどのように保存していますか?皮ごと冷凍、とか色々聞きますけど、私は割とそんなに長期間が経たずとも、その前に消費してしまうので、ガーリックキーパーがあれば、充分(*^-^*)♫ガーリックキーパーは、にんに ...

英会話フレーズ、いきます。(何回めだろう、結構続いている。。)今日のフレーズは、PULL ONE'S WEIGHTーto do one's fair share of work that a group of people is doing together,ーto contribute to group activity in proportion to one's role(*free dictionary 参照 ...

↑このページのトップヘ