部屋とバンクーバーと私~*日本人の不動産やさんが書いてます*~

家を見るのが大好きでカナダ西海岸バンクーバーで不動産エージェントに。 インテリア・装飾品・雑貨にこだわる日常を綴ります。

1994年日本を出て北米へ渡る。ロサンゼルス、シカゴを経由して現在のバンクーバーへ。カリフォルニア州 Chaffey Collegeで、インテリアデザインを学び、それからというもの、家具、建築、アンティーク、リノベーションと、家に関わる事に好奇心が尽きない。レストランでは食事よりお店の内装に目が取られ、テレビドラマを見ていても、部屋のインテリアに興味津々で一時停止してまでディテールをチェックしてしまう。モダンとアンティークを組み合わせる折衷的デザインが得意。

今日ご紹介するレストランは、お客様から教えて頂いたキツラノのフランス料理のお店です。こちらのお店を行きつけとされている私のお客様は、とにかくオシャレで生き方が颯爽としていて、本当に魅力的な方で、私がひたすらに憧れている方です。お店の名前は、Au Comptoir コ ...

2009年に電気自動車が登場した時には、さほど目につかなかった街中のCharging Station。今では電気自動車の普及に伴って、あちこちで見かけるようになりました。ところが、コンドミニアムに住まれる方は、テスラのような電気自動車が欲しくても充電器の設備が無い、、と泣く ...

みなさん、バブカBABKAをご存知ですか?東欧発祥(そもそも東欧ユダヤ人の家庭で作られていた焼き菓子)のパンのようなケーキのようなスイーツ。ブリオッシュのような生地に、ダークチョコレートが織り込まれていて、外はさくっと、中はしっとり、大人の菓子パンという感じ。 ...

あっという間に2週間がたったのですね。隔週火曜日の英会話フレーズです。今日のidiomもとてもカジュアルな口語体です。死語ではないそうですので(確認済み)、ぜひ良かったら日常使いにして下さいね。今日は、HAS A THING FOR SOMEONE または、HAS A THING FOR SOMETHING ...

私の食器は圧倒的に英国食器が多い中で、ほんの少しだけですが、フランス食器があります。その中のひとつがリモージュです。リモージュとは、製造会社の名前ではなくて、フランスのリモージュ地方にある窯で焼かれた磁器の事を全てリモージュと呼ぶのだそうです。その歴史は1 ...

自分に栄養を与える事って、イコール自分の好きな事をする、という事になると私は思っているのですが、、今年から始めた私の趣味のお話をちょっとだけしても良いですか?クラシック音楽の世界にちょっとだけ足を踏み入れてみたんです。バイオリニストの知人からの、ふとした ...

隔週火曜日の英会話フレーズです。今日はHOLY SMOKES!!!!私のお得意の死語です、また。。。。でも、こうして書き留めて置くことで、使わないように気を付ける事が出来ると思ってあえて、みなさんとシェアしています。娘のようなネイティブ女子から、「That is an old timey s ...

不動産のLIQUIDATIONという言葉、聞いた事ありますか?築年数が古くなって老朽化した複合住宅を開発業者に売り、その資産を清算するという意味です。オーナー組合(STRATA)の事実上の解体です。コンドミニアムのオーナーが、区分所有する個々のユニットを売買するのではなく ...

↑このページのトップヘ