部屋とバンクーバーと私~*日本人の不動産やさんが書いてます*~

家を見るのが大好きでカナダ西海岸バンクーバーで不動産エージェントに。 インテリア・装飾品・雑貨にこだわる日常を綴ります。

1994年日本を出て北米へ渡る。ロサンゼルス、シカゴを経由して現在のバンクーバーへ。カリフォルニア州 Chaffey Collegeで、インテリアデザインを学び、それからというもの、家具、建築、アンティーク、リノベーションと、家に関わる事に好奇心が尽きない。レストランでは食事よりお店の内装に目が取られ、テレビドラマを見ていても、部屋のインテリアに興味津々で一時停止してまでディテールをチェックしてしまう。モダンとアンティークを組み合わせる折衷的デザインが得意。

私が日常愛用する食器の中で、これももしかしたらアンティークかも知れないと思うものがあるのでご紹介させて頂きます。英国の食器メーカー、Allertons (アラートン)です。正式名はCharles Allerton & Sons になります。19世紀中旬1859年~1942年まで83年の歴史をもって、 ...

日本で生まれて育った私達にはベッドを作る文化が無く、単純に”寝床”という概念が強いですよね。枕ひとつに掛布団。日本人は毎日布団を押し入れに上げ下げしていた歴史がありますから、尚更の事、ベッドを飾るという発想など無くて当然ですよね。でも、ここは北米。特に家 ...

**隔週火曜日の英会話フレーズ**今日のフレーズは、"go at it "日常で私は個人的にこのフレーズをとても頻繁に使います。意味はですね、日本人がよく使う’頑張る’という意味にとても近いのです。英語では、以下のように説明されます。to use all of your energy and ...

もうだいぶ前の事になりますが、お客様が家を売却される時、要らないものを整理されてその廃棄に苦戦されておりました。そしてお客様から、「何か欲しいもの無いですか?遠慮せず、持っていって欲しい。捨てるよりは誰かに使ってもらう方が嬉しい。」と言って下さり、その時 ...

このレストランは私の中で第1位です。インテリア、サービス、お食事の美味しさ、全てに大満足しています。その私のお気に入りのレストランは、  ↓WEDGEWOOD HOTELのBACCHUSです。写真は↑ウェブサイトで見て頂くのが一番良いような気がします。でも、一応インテリア好き ...

TRAILER HOMEQ.トレーラーハウスって、普通の家と何がどう違うのですか?  教えて下さい。A. トレーラーハウスとは、Manufactured House とも呼ばれ、  その土地(現場)で建てられるのではなく、工場で作られ運ばれて設置された移動式のコンパクトな住居の事を言い ...

今日の英会話フレーズは、死語ではありません。そうでないどころか、とても今っぽいフレーズです!もともとハッキングされた時に使われていたOwned という言葉がいつのまにか、I owned you. または、You just got owned. で、「私の勝ち。」「あなたの負け。」という意味で ...

私が個人的にただのガラス好きなのかも知れませんが、ジャムなどの空き瓶や、先回書きましたメイソンジャー(その記事はこちらから)など、ガラス容器を使うと収納・保存が楽しくなるような気がします。私は我が家にあるビンテージのCookie Jarを、こよなく愛していて、、、 ...

↑このページのトップヘ